米沢ネット(よねざわネット)
【携帯版】

草月いけばな米沢教室のご案内

画像1

講師 長谷部 千仁(ハセベ チジン)雅号 (千恵子)     草月流師範 理事

草月流との出会いは、短大卒業の1978年でした。日本伝統文化であるいけばなでありながら、現代社会の現代空間に合う花をいけることができる草月流に魅力を感じ、現在に至っております。また、身近なところに花をいけておくことで、生活空間に潤いが与えられ、そして美しい花に癒されております。                                         忙しい現代社会の中、たくさんのことに毎日追われます。そのような中、花をいける時間は、「花と向き合い、自分を見つめる時間」として、大切に過ごすことができます。また、植物の香りや美しさを楽しみながら、四季折々の花材でいけばなを構成する喜びは、日本人としてぜひ味わっていただきたいものです。草月流は、お金をかける格式高いいけばなではありません。手軽に、「いつでも、どこでも、だれでも、どんな材料を使ってもいけられる。」ということを特色としております。現在、20代から80代までの幅広い年齢層の生徒さんがお稽古をしております。いけばなサークルの指導もしております。

  • お稽古日    予約制でお稽古をします。

               水曜日  13:00~18:00  

               木曜日  18:00~21:00

               土曜日     13:00~17:00

                 お稽古時間は、約1時間~1時間半です。

                 (ご都合がつかない方は、ご相談の上、お稽古時間の変更をします。)

  • お稽古回数  月1回以上で、回数は自由です。(毎週の方、月3回の方が多いです。)

 

  • お稽古内容  基本から習いたい方  資格を習得されたい方  楽しみで自由にされたい方

               それぞれの生徒さんの目標やご希望に応じてお稽古をいたします。

  • 授 業 料    1回の代金2,900円 (税込・花材費込) 入会金なし

               初回のみテキスト2冊3,240円

               月謝制ではなく、回数自由のためワンレッスン花材費込2,900円です。

                ジュニアは2,400円です。

  • 持 ち 物   花鋏(教室で草月の鋏をお求めいただけます。)

 

花器の購入は、草月流の花器をご希望の方に本部よりお取り寄せいたします。 また、草月流の本は、春、夏、秋、冬号と年4回、最新の情報が掲載され発行があります。その他に草月展の本や本部講師のいけばな写真集などの発行もありますので、お稽古時にお知らせをいたしまして、ご希望の方にはお取り寄せいたします。

                                       

     

     



教室紹介

画像2
2017年6月17~18日草月創流90周年記念展

広いスペースの教室で、静かな音楽を聴きながらお稽古をしております。花器は、草月会館の中で販売をしている株式会社「蘭」のいろいろな形のものを準備しており、生徒さんのお稽古テーマに応じて使い分けをしております。作品が出来上がりますと、生徒さんのいけこまれた作品を教室のスタジオで撮影して、すぐにプリントアウトをし、お渡ししております。記録することにより、次回からのお稽古のプラスになると考えているからです。

気軽に気分転換や、ストレス解消で花と向き合うのもよいですし、資格を取り指導者を目指されるのもよいですし、それぞれのお考えで、花と向き合い、自分と見つめ合いましょう。そして、花によって暮らしの中の空間や心を癒していただく生活の中のいけばな、人を感動させる芸術としてのいけばなを目標として、丁寧なご指導をいたします。私が大切にして指導していることは、それぞれの生徒さんの個性と感性です。よりよく表現できますよう、私自身がたくさんの勉強や研究をすることにより、それぞれの生徒さんの表現力を高められますよう努力しております。

草月流の本部には、「男子専科」があり、人気がある講座です。ビジネスマンもいけばなに集中する時間を持つことで、自分自身を見つめなおしてリフレッシュを図ることができるそうです。花と向き合うことで、自分を見つめ、仕事や人間関係の悩みやストレスを発散できます。ぜひ、男性の方も始めてみませんか。

お稽古が終わりますと、お時間のある方は、コーヒーや紅茶、お菓子でいろいろなお話をしながら楽しいひと時を過ごしていただいております。ゆったりと心を癒していただければと思います。

 



最近のお稽古内容

画像3
2018年6月9日~10日 米沢地区草月いけばな展

9月15日、16日と米沢総合華道展を開催いたしました。教室からは9名が出瓶いたしました。このたびの華道展は初心者の方々にも積極的にいけていただきました。

教室のお稽古は、初秋の植物をたくさん使い、秋を楽しんでおります。

また、初心者の方々は基本と応用花型をしっかり身につけていただいております。

いけばなサークルは、季節のお花を生かせるいけばなを習得していただいております。

草月いけばなは、植物を素材として自分自身の心の中をいけななにする自由ないけばなです。基本や応用、技術をマスターしたうえで造形いけばながいけられるようになるわけです。奥深い瞬間いけばなはとても魅力があります。植物と触れ合う時間を大切にしております。

 

 

 

 

 

 

 

 



住所 米沢市通町3丁目8-92(教室)
TEL 0238-23-5709
FAX 0238-23-5709 
Eメール
駐車場 3台 
交通アクセス
米沢駅より車で5分

 2018米沢市総合華道展、2018米沢地区草月いけばな展流

出瓶展名 会 場 出瓶者と花材
2018米沢市総合展
ナセBA

長谷部 千仁

夏櫨の紅葉とアナスタシアの洋菊で秋を楽しみました。

夏櫨、アナスタシア

2018米沢市総合展
ナセBA

星 里香

レリーフ

グロリオーサ、着色竹、ワイヤー

2018米沢市総合展
ナセBA

渡部 千美

レリーフ

ユーカリ、トルコききょう、赤ドラセナ

2018米沢市総合展
ナセBA

渡辺 一恵

胡蝶蘭、木苺

2018米沢市総合展
ナセBA

鈴木 洋之

着色葡萄の木、着色葡萄蔓、着色かすみそう、着色蓮の実

 

 

2018米沢市総合展
ナセBA

樋口 香代

行李柳、久留米鶏頭

2018米沢市総合展
ナセBA

吉田 芳子

すすき、吾亦紅、木苺、トルコききょう、りんどう、久留米鶏頭

2018米沢市総合展
ナセBA

青木 美代子

ミニアチュール

2018米沢市総合展
ナセBA

藤戸 麻奈美

雲竜柳、デルフィニウム、ミリオン

2018米沢地区草月展
ナセBA

長谷部 千仁(千恵子)

初夏をさわやかに表現し、心も常にさわやかでありたいと思いいけこみました。

どうだんつつじ、鉄砲百合、ビブルナムスノーボール、藤蔓、苔木

2018米沢地区草月展
ナセBA

多賀谷 香世

スモークツリー、グロリオーサ、かすみそう、りんごの木

2018米沢地区草月展
ナセBA

星 里香

杉の枯れ木、着色竹

 

2018米沢地区草月展
ナセBA

三瓶 朋洋

カラー、シベリア、旭ハラン、ラタンステック

2018米沢地区草月展
ナセBA

渡部 千美

てまりそう、ピンポン菊、ルスカス、シベリア、アクリル棒

 

 

 

 

2018米沢地区草月展
ナセBA

渡辺 一恵

夏櫨、トルコききょう、カラー、観音竹

2018米沢地区草月展
ナセBA

鈴木 洋之

着色竹、アンスリウム、サンキライ、モンステラ

2018米沢地区草月展
ナセBA

樋口 香代

ひまわり、オクラレルカ、着色晒桑

2018米沢地区草月展
ナセBA

吉田 芳子

ふとい、紫陽花、スモークツリー

 

2017米沢市総合華道展
ナセBA

長谷部 千仁(千恵子)

晩秋を楽しみたくて華やかに秋の花材でいけてみました。

かりんの実、蔓梅もどき、梅もどき、糸菊、木苺、かえでの根、藤蔓

2017創流90周年記念山形支部展
山形美術館

長谷部 千仁(千恵子)

2017年1月3日実父が亡くなりました。優しかった父に捧げるいけばなをいけたく、天に届くように高くいけました。悲しみを黒着色の提灯竹ひごで覆いました。

藤蔓、提灯竹ひご、どうだんつつじ、グロリオーサ、かすみそう