米沢ネット(よねざわネット)
西部乳児園

社会福祉法人

西部乳児園

【携帯版】

西部乳児園について

画像1


保育内容


スローガン
ひかり あかるく つよいこ よいこ


保育目標

 自然やさまざまな人たちとの関わりの中で、
人間の太い根っこ(生きる力)を育てよう



人間性の発達に最も大切なこの時期。子どもは、自分の周りの全てのことを好奇心いっぱい見て、感じて吸収します。この子どもが本来持っている旺盛な好奇心や自分からやろうとする気持ちを大切にして、子どもの優れた五感に訴えるように、本物の体験や温かい家庭的な雰囲気のなかでゆったりと、その時期に合ったきめ細かい発達の援助を行います。








基本的な視点

◎ 一人ひとりを認め 大切にする保育

◎ 一人ひとりの成長をしっかり支える保育

◎ 安心と安らぎの生活がある保育

◎ 地域や家庭と手をつなぎ 育て合う保育



当園の特色

画像2



当園は、昭和38年に三歳未満児だけの保育園として、県内で一番早く発足しました。長年の乳児保育のノウハウを生かして、経験豊かな保育士が保育に当たっています。

保護者の方が安心して働けるように延長保育や産休明け保育を充実するとともに、家庭との連携を大切にし、きめ細かい連絡を取り合いながら、共育てをおこないます。

家庭的な雰囲気の中、おおよそ園児3人に1人の保育士がいて、きめ細かく、ゆったりとした保育を心がけています。

米沢西部こども園とは姉妹園として、お互い手を取り合って乳幼児保育の向上に努めています。



真っ赤なりんご美味しかったね!

画像3
大きなりんごを “がぶり” おいしいね~

 10月26日、2歳児はと組さんが近くの果樹園でりんご狩り遠足をしてきました。

前の週、雨が降って延期になっていましたが、当日は晴天☀に恵まれました。 

リュックを背負ってバスに乗って出発!待ちに待った子どもたちは、果樹園に着くまでウキウキわくわく!

バスから降りると、目の前がりんご畑!真っ赤なりんごがたくさん実っていましたよ。自分の手よりも大きいりんごをもいで、皮がついたまま “がぶり” ・・・。自分で採って食べるりんごは、いつもより美味しい!!

たくさん、りんごを食べてから、ママが作ってくれたおにぎりと、給食の先生が作ってくれたバスケットランチもお腹いっぱい食べました。自然の中を、のびのびと遊ぶ子どもたち。たくさんの秋を感じて、楽しい一日でした。



住所 米沢市御廟2丁目3-17
TEL 0238-21-0426
FAX 0238-21-0817
HP http://www.houon.org/sei-nyu/index.html
西部乳児園 HPです。
定休日 日曜日、国民の祝日、年末年始6日間位
開設時間 午前7時20分から午後7時
(保育時間は保護者の勤務状況などにより、個々に応じます)
園 長 神尾  元
定 員 55名(3歳未満児)
対象年齢 生後2ヶ月から2歳
交通アクセス
保育園  保育施設